光脱毛器リサーチ センスエピ(ホーム・スキノベーションズ)編

脱毛方式:フラッシュ脱毛
脱毛可能部位:腋・背中・腕・指・腹・Vライン・脚・ヒゲ
照射面積:2.0cm×3.0cm
カートリッジ照射回数:750発
カートリッジ値段:5,250円
1ショットコスト:7円
チャージ秒数:約3.5秒~
照射レベル調整:5段階
連射機能:なし
痛みレベル:中
肌への負担:中
持ち手の重さ:240g

次はこの機種。39,800円と値段が安いのが特徴だな。ただ注目したいのはカートリッジの照射回数。750はおっそろしく少ない。1ショット単価が7円はランニングコストかかりすぎだ。もうこの時点で俺の中ではナシになるが、良いところを探してみると……。
独自の『肌色センサー』ってやつを搭載していて、各自の地の肌色を感知し、それにあわせて光の具合を自動的に調整してくれるらしい。これは色素沈着の強いであろうIO部分に使うとすると、心強い機能ではある。それから照射面積も2.0cm×3.0cmと地味に広い。それでショットのコスパ悪さをカバーしてるってところか。本体の安さ・範囲の広いショット・肌色センサーが売りだな。では口コミに移ろう。
いい意見『ひざとひざ下に使ってみました。結構剛毛、量も多いのですが、一回目、レベル1~2の使用で一ヶ月後にかなりまばらになりました!照射から数日間はいつもどおりのびてきたような感じだったのですが、いつの間にか抜け落ちて減った、という感じでした。照射面積が広いので足全体に使ってもとても楽です。数年前に他社のレーザー脱毛器を使ってみましたが、効果らしきものは感じられなかったので、こちらは抜群に効果アリで嬉しいです。』
悪い意見『あまり効果を感じない内に、カートリッジを使い切ってしまいました。
購入前にネットで見て思っていたよりもランニングコストが嵩みそうです。
狭い部分だけなら良いかもしれませんが、広い範囲には向いていないかも知れません。
これから購入される方は、そのあたりもよく考えてから購入した方が良いと思います。』
安い割りに効果はそこそこありそうだ。だが、案の定ランニングコストの悪さは否めない。VIO目的で買ってる人もそこそこいたが、肌色センサーがちょくちょくエラーを出すらしい。だが立ち上げ直せば問題なく使えるレベル。持ち手が意外と重いのもネック。